フランスの銀器【クリストフル】で・・・

 有名レストランシェフの絶大な支持を得ているのが、フランス、クリストフル社の銀のカトラリーです。ぜひ毎日のお食事に使いたいものです。
 どの種類が良い?、どのアイテムから揃えたらいいの?など、よく聞かれる問いに、少しづつ書いていこうかと思います。
 よろしかったら参考になさってください。最後に決断されるのは、もちろんあなたです!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 【クリストフル/シルバーカトラリー用収納ボックス】125ピース用
 


シルバーカトラリー、
空気にふれていると黒ずんでしまうので、お手入れが大変というお話をよく伺います。

ほぼ毎日使う家族分は、
使って洗いの繰り返しで、時々シルバー用クリーナーでお手入れでよいかと思いますが、
お客様分を含め6人用セット、12人セットをお持ちだと
確かに大変です。

普段使わないものは、
変色防止の収納ボックスにいれるのも手です

上の写真、
クリストフルのイメージカラーであるシャンパンゴールドの3段ボックス、
サービングを含め125ピースものカトラリーが収納可能です。

トップにロゴ入りですので、ディスプレイしても素敵です。

紙製のため、比較的お買い求め安い価格です。
4段144ピース用もございます。

http://www.euroclassics-ginza.com/christofle_ment.html
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:15 | category: シルバーカトラリーの収納 |
# クリストフル【シルバーカトラリー用の収納】
JUGEMテーマ:本日のおすすめ
 
最近、シルバーカトラリーを使う方が増えてきました。
ホテルやレストランで実際に使う機会も増え、日本でも毎日の生活に銀のスプーンやフォークを使うという習慣が根付いてきたようです。

特に年配の方が銀のカトラリーを敬遠する理由が、
「銀は変色するからお手入れが大変」ということです。

銀は、空気に触れていると硫化し、黒ずみます。
しかしこれこそが銀の特性です!
(使っていても変色しなかったら、シルバーではないか、変色防止の加工がされているということです。クリストフルでは、フォトフレームなどは変色防止の加工がされてます。)

使い込むほどに鈍く美しい輝き(ムーンシャイン---月の輝き)がでるシルバーのフォークやスプーンは、私たちに満足感を与えてくれます!

ずっと戸棚の奥に大切にしまいこんでいて、
「さあ!大切なお客様!」と出すと、銀はすっかり黒くなっています。

毎日といわずとも、出しやすいところにいつも使える状態で収納しておき、
使っては洗うと、さほど黒ずみは気にならないものです。
(ちなみに私の場合は、ちょっとクロスで拭くなどのお手入れを月に1度、気づいた時にする位です。)

または、めったに使わないものは、変色防止の収納袋に入れて、クルクリ巻いてしまうこともできます。これですと比較的場所をとりません。
また、フォーク、スプーン、ナイフと分ける必要もありません。


引き出し収納用には、ボックスタイプもあります。
こちらは、スプーン、フォーク用と、ナイフ用とで形状が異なります。
サイズもありますので、購入時にはお持ちのアイテムのチェックが必要です!


ちょっと大きめですが、30ピース用のボックスはこちらです。


豪華な144ピース用の木製ボックスはこちらです!
もう、これは”カトラリー用の家具”です。


http://www.euroclassics-ginza.com/christofle_ment.html


| comments(0) | trackbacks(0) | 12:57 | category: シルバーカトラリーの収納 |
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links